Home サインスピニングとは

ユーザメニュー

-始まりはアメリカの西海岸-

「ミレニアム」という言葉が社会現象になっていた頃、アメリカ西海岸では新しいプロモーションスタイルが産声をあげていた。
広告がプリントされたボードをリズミカルにクルクルと回す姿。決めポーズにとともに、その存在の輝きを放つ広告ボード。
新しい世紀の始まりを祝うお祭りムードの中、単なるストリートパフォーマンスを越えたプロモーションが誕生したのだった。

思わず見入ってしまうハイクオリティーのパフォーマンス。街行く人は足を止め、イベントでは集まった人の目が軽快な動きと手に持つボードにくぎ付けに。

サインスピニングと呼ばれ、注目を集めるまでにそう時間はかからなかった…。

 

-そして日本では-

サインスピニングを新しい形で提案するプロジェクトが、有志の手によって2010年札幌でスタート。

本場アメリカのサインスピニングを越えるパフォーマンスを世に送り出すため、ダンサーを含むメンバーが集まりました。
ヒップホップダンスの要素を取り入れ、サインスピナー(サインボードの回し手)自身もやっていて楽しい、よりエンターテインメント性のあるパフォーマンスを目指します。
「ダンス」、「スポーツ」、「大道芸」の側面を持つ新しいパフォーマンス、それが日本独自で育てていきたい姿です。

来的にはサインスピニング専門のコンテストも視野に入れています。

そして忘れていけないのは、これが人前で注目を集める新しい広告宣伝活動ということです。
今こそ新しい文化を日本でも育てていこうではありませんか。